2005年04月21日

勉強会のご報告〜

こんにちは、鈴木です。

 

420日に行われた勉強会は把握していた人数より少し増えて13名の先生が出席しました。

 

千葉・栃木など、他見からの参加も多くにぎやかに行えました。

しかしパソコンとプロジェクターがうまくつながらないという、不測の事態が起き、急遽理論を少なめにしてテクニックを多めに行いました。

 

プロジェクターの調子が動かないと知ったとき、ちょっとあせりましたが、得意なテクニックの勉強会でしたので、引き出しはたくさんあるのですぐに平静さを取り戻しました。

 

なかなかいい素材を集めただけに、プロジェクターで見せれなかったのは少し残念に思います。

 

 

理論は、重力線と過重と筋の緊張による姿勢の乱れの関係をホワイトボードとプリント、4分割バランス測定器でお伝えしました。

 

テクニックはリスフラン関節ショパール関節足関節ROMの改善と、

「関節の緩み」の改善です。

関節の緩みの改善はなかなかできないのですが、割合簡単にできるテクニックがありとても重宝しています。

 

 

これらの関節を改善すれば、SLRなどのテストは、ほとんどすぐに改善します。

 

腰痛のひどい状態などのときはけっして無視できない関節で、必ずアプローチを行わないといけないと鈴木は思っております。

 

 

次回はプロジェクターを直し、術前術後や姿勢の見方などをお伝えします。

 

参加者の方、不測の事態がおきスタートが遅れすいませんでした。

 

 

ETC患者獲得研究会

 

勉強会1



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/oobasamson/19605886
この記事へのコメント
こんにちわ★
あなたのサイトをランキングに参加しませんか?
ランキングに参加すると見てくれる人が今以上に増えますのでお得です(^^)/
ではこれからも頑張って下さい☆
Posted by blog@majide.org at 2005年04月21日 17:24